【男性の本音】彼女の下着姿にガッカリ…ドン引きした瞬間5パターン

男性にとって彼女とのふれあいは一大イベント。今か今かと待ちわびてその日を迎えることもあるでしょう。デート=スキンシップと考えるカップルも多いですから、当然と言えば当然です。

 

ですが、彼女の下着姿に思わず引いてしまう男性がいるのも事実。期待していた分、ガッカリ度が大きいと百年の恋も冷めてしまいます。

 

一体、どんな下着姿に男性はドン引きしてしまうのでしょうか。以下で紹介していきます。

 

気合いが入り過ぎ

 

彼と同じく彼女もデートの時は気合が入りがち。少しでもセクシーに見せようと過激な下着を着用することが多々あります。

 

例えば、極端に布面積が小さい物。ちょっとずらせば色々見えてしまうんじゃ?というような下着を選ぶ女性は、かなり気合が入っています。大好きな彼とするのですからセクシーさを演出したい気持ちはわかりますが、気合の入れ過ぎはNG。

 

同様にスケスケ、穴あきショーツ、ガーターベルトなども、必ずしも男受けするとは限りません。彼が特殊なプレイを期待しているならまだしも、そうでないなら過激な下着は極力避けましょう。

 

子供っぽい

 

小中学生が着ける様なファンシーな下着を好む女性も引かれます。動物や果物、お花、キャラクターが好きなのは別に構いませんが、自ら子供っぽさをアピールしてはダメ。童顔なら許される訳でもないので注意です。

 

使い古されている

 

ヨレヨレ、毛玉いっぱい、黄ばみ、伸びきっている、破れている……使用感あふれる下着は確実に彼を幻滅させます。長期間使用しているとダメージが出てくるのは避けられませんが、彼との大事な日にボロ下着を選んでは、その後の関係にまで影響が及ぶかも。

 

年季の入っている方が使いやすい、という意見はありそうですが、彼の気持ちを考えればご法度だと気付くはず。せめてデートの日はキレイな下着を着用しましょう。

 

上下バラバラ

 

下着は上下が揃ってこそセクシーさが際立つもの。ちぐはぐな下着では彼に違和感を持たれるし、場合によってはだらしないと思われることもあります。

 

ブラとショーツがセットの下着はいくらでもお店で手に入るため、上下セットは必須です。

 

サイズが合っていない

 

明らかに小さい下着は見ていて滑稽。自身の体型とマッチしていないのですから当然です。見栄を張って合わない下着を着けたばかりに、お肉がハミ出す事態を招きかねません。それに、きつく締めつけられると痕も残るし血流も悪くなるだけ。サイズが合わなくなったらすぐに新調しましょう。

 

まとめ

 

せっかく彼と甘い時間を過ごせるのに、下着でドン引きされては困りものです。下着はその場のムードを左右するとても大事なものですから、ぬかりのないよう注意したいところですね。

 

 

新調するならコレ!

デート用おすすめランジェリー

  • ピンク
    ブラック
    ネイビー
    レッド

    バックストリング魅せる谷間Wワイヤーブラ&ショーツ

    ¥2,980 (税込)
  • ネイビー
    ブラック
    ホワイト
    ホットピンク
    ピンク

    フロントホックレースベールバックデザインブラ&ショーツ

    ¥2,980 (税込)
  • ブラック
    ワイン
    モスグリーン

    バストライン総レースブラレット&ショーツ 【Adu】

    ¥3,780 (税込)
  • ブラック
    ネイビー
    ワイン
    オールブラック
    モスグリーン

    レースカップバストライン魅せる谷間Wワイヤーブラ&ショーツ

    ¥3,480 (税込)
  • ネイビー

    トワルレースブラ&ショーツ【ネイビー】【Adu】

    ¥3,780 (税込)
  • ピンク
    ミント

    ゴシック刺繍シフォン魅せる谷間Wワイヤーブラ&ショーツ

    ¥3,780 (税込)
  • パープル
    ネイビー
    ホワイト

    トリプルストリングクロッシェレースブラ&ショーツ

    ¥2,980 (税込)
  • ブラック
    ワイン

    クロッシェレースシースルーブラ&ショーツ【Adu】

    ¥3,480 (税込)