意外と知らない!下着の洗い方

お気に入りの下着は、できるだけ長持ちさせたいですよね。

長持ちさせるポイントは、ずばり“洗濯方法”にあります。誤った洗濯のやり方では、下着の寿命を縮めてしまうのです。

しかし、正しい洗濯方法を実践している人は意外にも少ないようです。

 

下着にとってベストな方法とはどんなものか、見ていきましょう。

 

1.下着はなるべく手洗いで

下着を洗う時は、洗濯機を使う人が多いと思います。しかし、洗濯機はあまりおすすめできません。

下着には装飾や金具などがあり、とてもデリケートです。

特に、レースによく用いられているレーヨンという素材は水に濡れると強度が弱まるので、洗濯の時に傷みやすいのです。

ブラジャーは、洗濯機で洗うと型崩れしやすくなります。ワイヤー入りのものは、ワイヤーが歪むことも。

おすすめなのは、手洗いをすることです。ブラジャーはパッドを外して、押し洗いやもみ洗いは避け、優しく振り洗いをしましょう。

最後に、しっかりとすすぎます。下着に洗剤が残ったままだと、黄ばみの原因になります。

 

2.洗濯機を使うときは必ず洗濯ネットを使って

手洗いをした方がいいとは分かっていても、なかなか手洗いをする時間がないという人も多いと思います。

下着についた汗や皮脂などの汚れは、放置すればするほど落ちにくくなるので、時間のない時でも洗濯ができる洗濯機は便利な存在です。

洗濯機で洗う場合は、必ず洗濯ネットに入れるようにしましょう。

 

先ほども述べたように、レーヨンは水に濡れると強度が弱まります。洗っている時に他の服と擦れてしまうと、レースがほつれやすくなり、下着が傷む原因になります。

できるだけ他の洗濯ものとは分けて、厚めの洗濯ネットを使用し、ランジェリーコースや手洗いコースで洗濯するようにします。

 

ネットに入れる時にも、注意が必要です。

ホックの金具をそのままにしておくと、金具がレースを傷めてしまいます。ホックは必ず留めてから洗濯ネットに入れましょう。色移りを防ぐために、色の濃い下着と薄い下着は別々に洗うようにしましょう。

 

3.下着用洗剤を使う方法

 手洗いの場合も洗濯機の場合も、生地同士を擦りながら洗うことになるので、気を付けて洗っていても生地が傷みやすくなり、ブラジャーの型崩れもしやすくなってしまいます。

 そんな時に便利なのが、下着用洗剤です。

この洗剤は、5分間のつけ置きとすすぎのみで、下着を簡単に洗濯することができます。

もみ洗いをしなくても汚れが綺麗に落ちるので、生地が傷まず、下着を長持ちさせることができます。下着の黄ばみを防ぐ効果もあるので、白い下着にもぴったりです。これ1つで血液汚れも落とせるので、是非持っていたい洗剤です。

またこの洗剤は、重層とクエン酸でできています。天然成分なので、下着にも肌にも刺激が少なく安心です。

 

 

いかがでしたか?

洗い方によって、下着の寿命は大きく左右されます。

是非、下着にダメージの少ない洗濯方法でお手入れをして、長持ちするように気を付けてみてくださいね。